一棟売りマンションで賃貸の経営デビュー|安心の資産活用

家

収益を確保出来る

不動産

賃貸経営には希望に合わせて様々なスタイルで行うことが出来ます。また、マンション1棟買いを行うという方法もあり、費用は高くなってしまいますが、控除額も大きくなるので、その分だけ黒字に近づけることも出来ます。

空き室率の低下対策で必要

マンション

住宅経営を行っているという場合は、空き室率について対策法を考えておく必要があります。なお、管理会社への依頼が必要なので、マンション管理会社ランキングを参考にしながら信頼できる所を見つけてみると良いでしょう。

自己資金の相談

お金

中古マンションを購入するという場合は、どれくらいの資金にしておくのか計画を立てておくことが必要になります。金融機関探しも必要になるので、専門のサポート会社を見つけてみると良いでしょう。

安定した収入が魅力の投資

マンション

老後の安定した生活が目的

大都市である大阪では一棟売りマンションによる不動産投資が有利だといわれています。地方都市に比べて大阪などは人口集中の密度が高いので、それだけ賃貸に入居する人が多いからです。しかも空室が出ても他の部屋の家賃収入があるので、その間に新たな入居者を見つけることができます。また不動産投資は株などの投資と違ってリスクが小さいのも、人気がある理由になっています。株などは一挙に儲けることができますが、失う時も一瞬です。しかしマンション経営のような不動産投資は一挙に大金を手にすることはできませんが、地道に安定した収入を毎月あげることができます。その点が、特に老後の生活を支えようと考えている人たちに人気があるのです。

初心者は区分投資が基本

このように不動産投資には安定した収入という特徴がありますが、それも立地に左右されるのです。例え大阪のような大都市でも立地が良くなければ、一棟売りマンションで経営してもうまくいかないのです。初心者の場合、一棟売りマンションではなく区分マンション投資から始めるのも良い方法です。これはマンションの一室を購入して賃貸経営する方法です。この方法のメリットは、実体験として立地の良さやマンションの管理業務などを知ることができる点です。マンションには管理組合がありますが、一室を購入することで自ら組合員になれます。それによって内部から管理業務や、入居率などの情報を得られます。このような実体験が、その後の大阪などでの一棟売りマンションによる経営に生きてくるのです。初心者がいきなり一棟売りマンションというのはリスクが大きすぎるので、区分マンションから始めるのは良いやり方です。